「(だいちゃんの)整体は痛みを感じる方法ですか?」

と先日質問を受けました。

 

僕は相手に痛みを感じさせない方向で技術を磨いてきたので

僕が力をかけて痛みを与えることは、ほとんどありません。

 

相手に強い力を加え痛みを感じさせてしまうと

緊張がさらに強まってしまい

緊張を弛め血流をしっかり流していくという

本来導きたい方向と逆方向へ進んでしまうのです。

今だからこそ言えるのですが

理学療法士になりたての頃は、よく、強い力での施術をやってしました。

 

やる方も受ける方もクタクタです。

にもかかわらず

求めていた十分な効果を得ることはできませんでした。

 

その当時を振り返ってみると

“自分が加えた力が相手の体に作用して問題が矯正される”

といったイメージを持って施術に臨んでいました。

 

リハビリを受けている方も同じ意識でした。

「さあ!あんたはプロなんだから私の体を整えてくれ」

みたいな(笑)

 

強い痛みによる緊張状態の後は

その状態から解き放たれ緊張が弛むので

一時的に痛みが軽くなったり身体がほぐれた感じがします。

ただそれは一時的な感覚に過ぎず

しだいに押される痛みに慣れた人は

より強い刺激を求めていく傾向がみられました。

 

本来の問題を置き去りにしたまま

悪循環のループに陥ってしまうのです。

 

 

“身体の緊張に強い力を加えると

さらなる緊張を招いて悪循環に陥ってしまう”

では

どうすればいいのでしょうか?

 

ここで1つイメージしてほしいのですが

自分の身体に痛みや凝り(緊張)を感じた時

あなたはどんなことを思いますか?

 

「あ~!痛いな~早く治さなきゃ」

とか

「また痛みがでた。悪くなったかな~?」

と考える方が多いのではないでしょうか?

 

この考えのベースには

“痛みがある”=“悪いこと”

という観念があると思うのです

 

例えば

腰痛になった時を考えると

“腰の痛みという悪い部分を治したい”

という思いに従って

・病院に行ったり

・腰に湿布を貼ったり

・痛み止めを飲んだり

・マッサージを受けたり

悪い部分をなんとかしようとします

 

悪いことは“無い”方がいい

という考えに従って。

でも本当に

“痛みがある”=“悪いこと”

なのでしょうか?

 

少し視点を変えてみると

“痛みがある”=“働くことができている”

と捉えることもできます。

 

痛みがあるところは

全体性の中では機能が高いところである

という捉え方です。

 

 

“痛みがあるところは全体では比較的 機能が高いところ”

とはどういうことなのか?

 

日常生活における

慢性的な痛みやコリの原因の多くは

“使い過ぎ(overuse)”

によるものです。

 

これまでたくさん使ってきたところが

働き過ぎな状態に陥り痛みを生じている状態。

 

ではなぜ

ある特定の所が

働き過ぎな状態になっているのでしょうか?

 

答えはシンプルで

“働くことができていないところがあるから” 

です。

 

身体は

様々な筋肉が協調して働くことで

一つの機能的なユニットとして動くことができます。

 

お腹側 と 背中側

左側 と 右側

体の奥の方 と 表面の方

体幹に近いところ と 遠いところ

などなど

それぞれがバランスをとりながら

全体を強調させ運動を実現しています。

 

腰痛においては

背中(腰)側が働き過ぎていて

お腹側は働いていない状態

そして

身体の表面の大きな筋肉が働き過ぎていて

体の奥の背骨や骨盤周りの筋肉が働いていない

というケースが多くみられます。

 

たとえば

身体にかかる100㎏の負荷を

お腹側と背中側で均等に支えると

お腹 50kg 背中50kgで支えることができます。

ところが

お腹側が働けずに20㎏しか支えられない場合

お腹20kg 背中80㎏ となり

腰に大きな負担がかかり続けてしまう

ということが起こります。

 

ここまで理解すると

「わかった!じゃあお腹の筋肉を鍛えればいいんだ!」

という答えに至るかもしれません。

 

でも

それは少し難しいのかもしれません。

 

その頃には

『脳』の中にある“身体の地図”が変化し

すでにお腹の筋肉が存在してない可能性が高いのです。

 

 

お読み頂きありがとうございました

【後編】へ続く☆

 

 

ケセラボのご紹介

はじめての方へ
ライフトータルケア(ヒーリング整体 / 対話セッション)担当大介
女性専門骨盤ケア(妊婦整体 / 産後整体 / 不妊整体 / 骨盤調整)担当恵
オンラインサービス
リトリート

ケセラボLINE公式アカウント

イベント/セミナー情報のお知らせの他、LINE登録メンバーだけのお得情報も発信しています。
ぜひ登録してくださいね!
お友達登録はこちらから↓
(LINEアプリからは「@jem1156z」をお友達検索)

 

ご予約/お問合せ

ご不明な点はお電話または下のボタンのフォームよりお気軽にお問合せ下さい。
TEL:080-8392-1729
※ もし24時間以内の返信が確認出来ない場合には、何らかの原因でメールが届いていない可能性がございますので、お手数をおかけしますがお電話にてお問い合わせくださいますようお願いします。
※ 当日のご予約や、返答を急ぐお問合せに関しましては、お電話にてお願いします。

ご予約・お問合せフォーム