先日の投稿で、自分の軸を感じるために、もっとリラックスしようということをお伝えしました。

自分の軸を取り戻す時に最初に意識すること

僕達は普通に生活しながら

自然と交感神経(興奮)が優位となり

心臓の鼓動は早く

呼吸は早く浅く

頭の中がグルグルと思考でいっぱいになっています。

 

ここから副交感神経(リラックス)のスイッチを入れるための鍵となるのが

“ゆっくりと深い呼吸”です。

 

普段よりも

ゆっくりと吸い

ゆっくりと吐く

それをすることで

交感神経優位の状態から

副交感神経を活性化させる方向へ

バランスを変化させることができます。

心臓の鼓動は

無意識の中で調整され

意識的に変えられません。

 

だけど呼吸は無意識でも調整されますが

意識的にも変化を与えられるとてもユニークな機能をもっています。

 

この機能は

“全ての人に与えられた素晴らしいギフト”

といっても過言ではありません。

 

実際にやってみると

焦りやイライラが少なくなって

心の余裕や安心感を感じるようになったり

感情が先走らず落ち着いた対応をとれるといった効果が期待できます。

 

個人的には長いスパンで見た時

深くゆっくりした呼吸をしている人の方が長寿になるだろうとも考えてます。

誰にでもできる寿命を延ばす方法です。

 

決まりごとは一つ

“鼻から息を吸うこと”

それだけです。

 

それを

車を運転している時

仕事をしている時

食器洗いをしている時

お風呂やシャワーの時

思い出した時にいつでも

ゆっくりとした呼吸をしてみてください。

 

最初は意識的でも

何度も繰り返しているうちに

脳の中の書き換えが起こって

深い呼吸のパターンが自然になっていきます。

 

自転車に乗れるようになるまで

何度も意識的に練習する感じに似てますが

ある日訪れる

“そういえばそれほど意識しなくてもゆっくりとした呼吸になってるぞ”

という気づきを楽しみにして

丁寧に呼吸を味わっていってみてください。

僕の中の宝物をみなさんにシェアさせて頂きます。