みなさんは「死」という言葉から何を感じますか?

恐れ‥

理由のない恐怖‥

訪れてほしくないもの‥

触れたくない‥

見たくない‥

以前の僕は、

こういったことを感じていたような気もしますが、

もっと正直に言うのなら

死について考えたり、

そこから何かを感じたりすることを、

全く意識していませんでした。

その時の、僕の「生きる」ことに対する意識は、

とてもあやふやで、

今この瞬間が、ただただ過ぎていくのを傍観し、

何を意識するでもなく生きていました。

日々の中で、生きる喜びを、強く感じることもなかったので、

もしも、

「何のトラブルもなく、経済的に安定してて、子供たちが元気な、20年後の時代にワープできるボタン」

があったとしたら、迷わず押していたでしょう(笑)

日常で訪れる、色んな感情の波を、

とても煩わしくも感じていたためです。

そんな感じで生きていた僕ですが、

その感覚が大きく揺らいだできごとが、

僕の人生を変えた一言 でも登場した、

恵が放った一言

『人生って一回しかないのにね~』

です。

これは、本当に目から鱗でした。

僕はその言葉を耳にする瞬間まで、

人生が1回しかないことを

完全に忘れていたんです!

人生は1回しかないという、

当たり前なこと、

子どもでも知っていること、

誰に聞いても「人生は1回きり」と答えるであろうことを、

『完全に忘れていた』

のです!!

どうですか?

ヤバいでしょ(笑)

日常を無意識に過ごしながらも、

まるでゲームのように、

いつでも人生をリセットできるような、

感覚に浸っていたのでした。

おそらく、あのままの感覚で生き続けていたら、

老人になり人生の最終盤にさしかかった時に、

こう思ったことでしょう。

「もうこれで本当に終わりなのか‥」

「結局、生きることに何の意味があったのか‥」

と‥

生きることに自覚的になり始めた僕は、

さらに「死」を通じて「生」を感じる体験をするのですが、

つづきはまた次回にシェアさせて頂きます。

守屋大介