時期としては、ケセラボの軌跡① ~誕生編~と同じ頃のお話しです。

今から3年程前までは、人と交流することを避けていました。

かなりの“人嫌い”だったんです。

職場でも、患者さんとの関係性をつくるのは得意だったのですが、

上司や部下との距離感や、何を話していいのかが、さっぱり分からない。

いわゆる “世間話” という感覚も、全く分かりませんでした。

子どもの、保護者同士の集まりなんかも、大の苦手。

誰かと話をしないといけない場になると、意味もなく緊張するんです。

僕から何を話せばいいか分からないから、

ただ相手の話を聞いて相槌をついている。

相手が話し終えると、場が冷めて気まずくなる。

そんな体験を繰り返していました。

そして、

僕のそんな状態がハッキリと表れてしまう相手がいました。

職場にいた方で、僕よりも上の立場の方。

名前を仮に “Aさん” では味気ないので、

“アマノ”さんと呼んでみることにします。

アマノさんの前にいると、身体全体が緊張して、手先が冷た~くなってしまう。

当然、何かを話しかけようという気持ちにはなれない‥

そういう関係が、長年続いていたのですが、

その瞬間は唐突に訪れました。

ある日、ある時、ふと気づいたんです!

アマノさんの前でもそれぼど緊張してない自分に。

あれっ!?

と思ったら、さっそく実験です(笑)

それまでは、できなかった行動を試してみました。

ベンチに腰かけているアマさんの隣に座ってみたのです。

「お~!大丈夫!」(心の声ですよ 笑 )

さらに世間話もしてみました。

「え~!普通にしゃべれてる!」

それまで、できなかったことが難なくできたことに驚き、

その理由を考えた時、ひとつの出来事を思い出しました。

その数日前に書店で、ある一冊の本を購入していたのです。

本のタイトルは

『一生お金に困らない生き方』

この中に書かれている、あるワークをしたことが、

アマさんとの人間関係に影響したと、直感的に感じたのです。

そのワークとは

過去の、お金に関して、悲しかったこと、つらかったことを思い出し、

「もう大丈夫」

「心配ないよ」

「あなたはもう十分愛されているんだよ」

「もうお金をもらっていいんだよ」

と言い聞かせるというもの。

僕の場合は、高校生の時にバスケットボールシューズが壊れても

親に、壊れたことや、新しく買わないといけないことを

言えなかった記憶が蘇りました。

ひとつ年上の姉が、県外の私立の高校に通っており、

親が「うちにはお金がない」と口にしていたことを、

少なからず気にしていたのです。

そして、その当時の自分を、心の中に思い描き

その自分に向かって伝えました。

「シューズを買いたいと言っていいんだよ。そこまでお金に困ってないから。」

「心配しなくて大丈夫!大人になったら好きなシューズを買ってるよ」

「お父さんも、お母さんも、あなたを愛していたんだよ」

その時は、何となくスッキリとした体感があっただけだったのですが、

後日、アマさんとの関係が変化していたことに気づいたのです。

(前述のワークは、いわゆる“インナーチャイルド”を癒したり、

過去の古い感情を手放すワークであることを知ったのは、

またそれから、しばらくたった後のこと。)

そして、

この日を境に、人間関係は自分の状態によって

変化させることができるという意識が生まれ、

少しずつ、周囲への過度な緊張を感じることが減っていきました。

そして、エネルギーとの出逢いにより、

さらに明確なものとなり、周囲との関係を大きく変化させていったのでした。

このお話しが

人間関係に苦労しながらも、一生懸命に生活している

あなた

あなたのパートナー

あなたの家族

あなたの友人へ

伝わりますように☆

守屋大介