僕が一番効果的と感じているセルフケアをお伝えします。

家にいる時間でいつでもできる方法なので

この機会にぜひトライしてみてください。

これまで感じたことがない自らの身体の可能性に

気づくきっかけになることを願っています!

 

以前アップした

身体の中の“unsung hero”というブログの中で

身体の中には

僧帽筋・広背筋・大殿筋・上腕二頭筋 などの

大きくて強い力を発揮する筋肉 と

多裂筋・回旋筋・横突間筋・棘間筋 などの

小さくて繊細に全体を調整する筋肉 

存在していること。

 

そして

過度な社会的ストレスなどにより

大きな筋肉達は過剰に働き

小さな筋肉達はその働きを失っている

ことをお伝えしました。

 

また

そのバランスを人間本来の状態に取り戻すには

〇背中(背骨)の感覚を感じながら動かしてあげること

〇小さな負荷で持続的な運動をいれてあげること

〇ゆっくりとした呼吸を意識すること

〇深いリラックス状態を味わうこと

などといったポイントを押さえれば

自分自身で変化させていくことができるとも。

 

そのセルフケアの方法が

姿勢調整用のポールを使う方法です。

動きを伝えるために動画にしましたのでぜひご覧ください。

(ポールは長めのこちらがおススメ)

 

この調整を続けていくと

身体運用のレベルが数段レベルアップしていきます。

 

背骨周りにある姿勢を調整する筋肉が

活動し始めることで

脊柱(背骨)が本来もっている“バネとしての働き”が解放されていき

少ないエネルギーで

効率よく運動エネルギーを生み出すことができるようになり

日常生活やスポーツ時における動作パフォーマンスが向上するのです。

 

腰痛・肩こり・膝の痛み・心身の倦怠感や疲労感など も

身体の本来の機能が発揮されないことが大きな要因の一つなのですが

これらの症状も気にならなくなるレベルで良くなる可能性を秘めています。

 

以前、立ち仕事で腰痛を持っていた友人にこの方法を伝えたところ

一月後には「仕事中も運動をしても腰は全然痛くなくなったよ!」

嬉しい報告をもらったこともあります。

僕自身も

運動時やその後に生じていた膝の痛みが解消した体験があるし

これまで腰痛に悩まされたこともありません。

 

ポールを使う方法としては

ポールの上でバランスをとりながら

手足を動かしていく運動もありますが

個人的にはおススメしていません。

運動をしようとした時点で

普段頑張り過ぎている筋肉が働き出してしまい

いつものパターンを強化してしまう可能性が非常に高いからです。

 

働き過ぎている筋肉 ⇒ 活動のスイッチをオフにする

働いてない筋肉 ⇒ 活動のスイッチをオンにする

という状態を、このセルフケアを通じて作り出し

繰り返すことで常態化させていくことに集中していきましょう。

 

あと

この動きは

この正しくすることが大切なのではなく

自分の身体に意識を置きながら丁寧に感じていくこと

がとても大切です。

自分の身体と対話をしている感じでもあります。

 

「これで正しくできてるのかな?」

「こんなことで変わるのかな?」

そんな考えが浮かんだときは

ゆっくりと深呼吸をして自分の背中に意識を置いてみてください。

それで充分です。

 

心身が調っていくことで起こる内面の感覚の変化

その新たにアップデートされた感覚で

この外の世界を生きる時、体験が新しいものへとシフトしていきます。

 

常に最新バージョンの“わたし”で

この世界をもっともっと楽しんでいきましょう!

 

 

 

ケセラボのご紹介

はじめての方へ
ライフトータルケア(ヒーリング整体 / 対話セッション)担当大介
女性専門骨盤ケア(妊婦整体 / 産後整体 / 不妊整体 / 骨盤調整)担当恵
オンラインサービス
リトリート

 

ケセラボLINE公式アカウント

イベント/セミナー情報のお知らせの他、LINE登録メンバーだけのお得情報も発信しています。
ぜひ登録してくださいね!
お友達登録はこちらから↓
(LINEアプリからは「@jem1156z」をお友達検索)

ご予約/お問合せ

ご不明な点はお電話または下のボタンのフォームよりお気軽にお問合せ下さい。
TEL:080-8392-1729
※ もし24時間以内の返信が確認出来ない場合には、何らかの原因でメールが届いていない可能性がございますので、お手数をおかけしますがお電話にてお問い合わせくださいますようお願いします。
※ 当日のご予約や、返答を急ぐお問合せに関しましては、お電話にてお願いします。
ご予約・お問合せフォーム