出産について思うこと-1>>>

出産について思うこと-2>>>

出産について思うこと-3>>>

出産について思うこと-4>>>

出産について思うこと-5>>>

出産について思うこと‐6>>> の続きです

 

 

これまでの5回の出産の体験と

その後の沢山の方たちとのご縁

これらの体験によって私の出産に対する想いが徐々に変化してきました。

 

 

病院のお産での様々な違和感

お産の形にはいくつかの選択肢があるということ

そしてそれを知った上で自分のお産をしっかりと選択している人がいるということ

 

 

こんな当たり前のようで

でもご縁がなかったら決して気づくことのなかった

お産のこと

 

 

そしてもう一つ、大きな気づきのきっかけとなった友人に聞いた話。

彼が産まれた時の記憶…

陣痛促進剤を使用した中での誕生だった

自分の意志とは関係のないところでコントロールされたお産

これがきっかけとなって、産まれてからずっと母親の目を気にしながら過ごしてきたこと

つまりずっとコントロールされた中で育っていたこと

それから大人になって、この癖となった自分の中にある課題をひとつひとつクリアしていくことが必要だったこと...

 

 

この話を聞いた時、私はふと思い出したことがありました。

次女が4、5歳くらいの頃だったかな?

「産まれてくる時に落ちるって思った!」って話してくれたことがあったんです。

よく思い返してみると

次女のお産の時

陣痛促進剤を使った超スピード出産だったため

助産師さんも赤ちゃんを迎える準備でバタバタしてしまい

おそらく頭がでてくるって段階で

誰も分娩台の足元にいない状態

その時に私「この子が落ちるー!誰か早く来てー!!」って思ったのでした。

ま~そんなことはないのでしょうが 笑

 

でもこの次女の話から

お産の時の母親の心理って

赤ちゃんはまるで自分事のように感じているのではないかと思ったのです。

 

 

だから

お産の形とか

お産の時の母親の心理状態とか...

お産って産む側にとっても様々な面で

大きな体験であることはもちろんだけど

 

でもそれ以上に

産まれる側、赤ちゃんにとっても

それはそれはとても大きな体験となって

その子の原点となる、根っこの部分を形作っているのではないかと感じたのです。

 

 

人の原点となるお産

そんな大切なお産

なのに...

 

なぜこんなにもお産を人(病院)に委ねてしまっているのだろう?

病院でのお産が大部分を占めているだろう?

そこにはどれだけ自分の意志が反映されているのだろう?

 

もっと様々な形のお産があっていい。

むしろ様々な選択肢のもてる社会であった方がいいのではないかと

思うようになったのです。

 

 

病院、助産院でのお産はもちろん

自宅でのお産も…

 

 

ケセラボのご紹介

はじめての方へ
ライフトータルケア(ヒーリング整体 / 対話セッション)担当大介
女性専門骨盤ケア(妊婦整体 / 産後整体 / 不妊整体 / 骨盤調整)担当恵
オンラインサービス
リトリート

ケセラボLINE公式アカウント

イベント/セミナー情報のお知らせの他、LINE登録メンバーだけのお得情報も発信しています。
ぜひ登録してくださいね!
お友達登録はこちらから↓
(LINEアプリからは「@jem1156z」をお友達検索)

 

ご予約/お問合せ

ご不明な点はお電話または下のボタンのフォームよりお気軽にお問合せ下さい。
TEL:080-8392-1729
※ もし24時間以内の返信が確認出来ない場合には、何らかの原因でメールが届いていない可能性がございますので、お手数をおかけしますがお電話にてお問い合わせくださいますようお願いします。
※ 当日のご予約や、返答を急ぐお問合せに関しましては、お電話にてお願いします。

ご予約・お問合せフォーム