PROFILE

PROFILE

守屋 大介(だいちゃん)
(セラピスト/ライフトータルケア・リトリート担当)

2002年理学療法士の資格を取得、その後14年間リハビリテーション病院に勤務。
筋膜リリース等の徒手療法や、脳卒中患者のリハビリテーションを専門的に学ぶ。
自分自身の身体を通じて、食生活やセルフケアが体や心に与える影響を知り、生命の力そのものに興味を持ち始める。
若い世帯にも自らが学んだことを伝えていきたいという想いからケセラボを立ち上げる決心をした、そのタイミング2015年5月に“ヒーリング”の存在を知り、その技法を通じて、物理的な世界とは別のエネルギーの世界が存在していることに気づく。
その翌日から、エネルギーワークを物理的な施術(リハビリ)と融合させながら、徐々にその理解を深めていきつつ、エネルギーワークを人間関係の変化へ応用していく方法を実践していく。
クリスタルが持つエネルギーと出逢い、2019年8月にオリジナルの技法“earth vibration”を確立する。
現在は、一人一人が持つ自分自身の力に気づくためにセッションや、セルフケアの重要性をセミナーを通じて広く伝えている。
セッションは全国各地、東京・京都・大阪・奈良・滋賀・兵庫・長崎・熊本での開催実績あり。

守屋 恵
(セラピスト/女性専門骨盤ケア担当)

2004年理学療法士の資格を取得、その後12年間リハビリテーション病院に勤務。
病院に勤務しながら5度の妊娠・出産を経験する。
自身の産後の身体のトラブルを通じて、妊娠・出産が女性の身体に及ぼす影響の大きさを痛感。
4人目の妊娠中にウィメンズヘルスの分野に触れ、女性に本来備わっている能力(月経血コントロールや気持ちの良い自然なお産など)について知り、学びを深める。
そして自分の身体をケアしていく中で、長年続いた身体トラブルを克服、産前産後ケアの重要性を再認識する。
2015年4月より自宅サロンで産前産後ケアの活動を開始、翌年4月よりケセラボにて妊活中から妊婦、産後、更年期の様々なトラブルに悩む女性のケアを行う。
2019年3月、四女を授かると同時に、自然なお産を目指し、更に自身の身体ケアに取り組む。
同年11月夫と二人での自宅出産を体験、本来ある〝赤ちゃんの生まれる力”と〝女性の生む力” を身をもって体感する。
施術の他、産前産後女性を対象とした骨盤ケア講座や、助産師や施術家の専門職を対象としたセミナーの講師業も務める。