手の中にエネルギーを感じた次の日から、

病院の患者さんにリハビリをする時に、ヒーリングを試していきました。

施術者の意識と呼吸でヒーリングできるので、

普段のリハビリを行いながら、

相手に伝えなくても、簡単に試すことができちゃうんです。

今振り返ってみると、

たくさんの方にヒーリングを試す環境がある時に、ヒーリングと出逢ったことは幸運でした。

そこからの1年で、しっかり体感を深められたことが、今に繋がっています。

ヒーリングを試してみて最初に感じたことは

手が温かくなっていくー!!でした(笑)

相手に触れているところが、ブワーっと熱を帯びていく。

リハビリの時に体に当てる機械で

“マイクロ波”の治療器があるのですが、

自分の手がその治療器になったような気分。

相手の身体の奥の方に、温かさが流れていくのを感じます。

それと同時に、身体の痛みが和らぎ、

みなさん気持ちよさそうに眠りに落ちていく‥

その心地よさにつられて、僕も眠くなる‥

そう

油断すると僕まで眠くなることも多かったんです(^^;

相手の心地よさに同調し過ぎていたんですね。

これも、今振り返るからこそ分かること。

そして

病院に来られたり、入院している患者さんが、

常に興奮している状態であることも、よく分かりました。

ヒーリングをした患者さんは、身体の痛みがとれるだけでなく、

穏やかな心の状態に還ることが、度々、起こったのです。

「あ~~!やっとこの気持ちにもどれた~!」

とおっしゃった方もいらっしゃいました。

改めて考えてみると分かるのですが、

普通の日常を送っていたある日、

何かの拍子に転んでしまい、激痛に襲われながらも病院に運ばれ、

骨折していると言われ、手術が必要で、数ヶ月入院しないといけないと告げられる・・

どんな人であれ、心穏やかではいられないですよね。

それに、みんな頑張り屋さんでもあり、興奮のスイッチが入りっぱなしで

リラックスのスイッチに切り替えることが本当に難しいのです。
(けど、自己治癒力を発揮するにはリラックスへの切り替えが必要)

そんな当たり前のことに、ヒーリングを通じて、改めて気づいたのでした。

また、ある外来患者の方は、いつも興奮した様子で、

「あの医者が診断を間違わなければ、こんなことにならなかったのに!」

といった感じで、誰に対しても攻撃的に接してしまう方。

リハビリをする僕達としても、対応にとても気を使う方でした。

ヒーリングを知って間もなく、その方を施術するタイミングが訪れました。

いつも通りの方法では満足していただけないと感じたので、

その日は、しっかりとヒーリングを意識して施術していきました。

とても興奮している様子だったのですが、

間もなくスーッと眠りに落ちていかれました。

20分経って「終わりましたよ~」と声をかけると、

最初とは別人のような穏やかな表情で起き上がられ、

そっと胸の前で合掌しながら

「はぁ~‥ 疳(かん)の虫がとれた‥ ありがとう~」

と、おっしゃられ、そのまま穏やかな雰囲気のまま帰られたのでした。

その他にも

ヒーリングしていることを、相手に伝えてないにもかかわらず、

「あなた今、何か気功のようなことをしてますか?」

とか

「何か、あんたは魔法を使っている!」(表現が可愛かった~♡)

などと、ヒーリングをしていることに気づく方がいたり。

恵の体験なのですが、

長年の痺れの症状に苦しんでいた患者さんにヒーリングをした時、

相手の痺れと思われる感覚が、自分の腕に感じられてきて

それでも構わずに続けていると、その痺れがなくなっていったとのこと。

それと一緒に、患者さんの腕の痺れもスッキリとなくなっていたのでした。

ちなみに、

みなさんに聞いてみたいのですが、

無くなるはずがないと思っていた、長年の症状がなくなった時の、

患者さんの反応って、どんな反応だと思いますか?

「やったーーーーー!!!」

「嬉しいーーー!!」

「治療してくれてありがとーーーーー!!!」

みたいなのを想像しませんか?

現実は違うんです。

だいたい、みなさんキョトンとされます。

そして喜びを爆発させることはなく、何かをなくしたような感じで

「あれっ?あの症状はどこにいっちゃったの」

といった様子で、首をかしげながら帰っていかれるのです。

意外じゃないですか?

そんな感じで、患者さんへのヒーリング体験を深めつつ、

もっと深く知っていきたいとの思いから、

クォンタムタッチの講習を受けることを決めたのでした。

守屋大介